2013-09

「禅宗の美」展@五島美術館

上野毛の五島美術館で、10月20日まで「秋の優品展~禅宗の美~」展を開催中です。

http://www.gotoh-museum.or.jp/exhibition/open.html

鎌倉時代から江戸時代までの禅宗僧侶の墨跡や水墨画を中心に、禅宗文化を伝える作品が約50点展示されています。

禅僧の書は、個性や人間味に溢れていて、とても魅力的です。
誰がいつごろ書いたか等をあまり気にせず、とにかく自分が好きだなーと思うものを、感性のアンテナを張りめぐらせて鑑賞するととても楽しいです。

無準師範(1177-1249中国南宋時代の禅僧)墨跡。
「入」の字が、生きて歩いているみたいで面白いです。

禅宗の美

雪村周継筆 猿図と一行書の三幅対。
真ん中の掛け軸には「布袋和尚」と書いてあります。

写真 (3)

独特の画風で海外でも人気の高い白隠の筆による掛け軸も数点展示されていました。

白隠

美術館には大きな庭園があり、散歩するのにちょうどよい季節になったので、機会があったらぜひ訪れてみてはいかがでしょう。

生徒さん3名が、2013年神社庁青少年書道展に入賞しました

浩苑書道会では、毎年希望者を募り、神奈川県神社庁青少年書道展に出展しています。
テーマはお祭りや伝統文化を題材とした作品で、出展対象年齢は幼稚園から高校生までです。
毎年お教室からの受賞者を出していますが、第27回目を迎える2013年は、3名の受賞者がありました。
作品は、7月下旬に横浜そごう前の新都市プラザにて展示されました。


県総連会長賞
中田鈴夏(本町小6年)

神社庁書道展1

教化委員長賞
岩﨑菜々花(本町小2年

神社庁書道展2

神社庁長賞
水野魁政(厚木高1年)
 

神社庁書道展3

夏季練成会が開催されました

清和書道会では、毎年夏と冬に、1泊2日かけて稽古をする練成会を開催していますが、今年も9月14日と15日に、あざみ野のメロンディアにて夏季練成会が開催されました。

今年の参加者は29名で、講師に清和書道会副会長の斎藤美子先生と楢原萌春先生を、助講師に篠塚光風先生と小林清漣先生お迎えしました。

2013練成会2

夏季練成会では通常清和書展に出品する作品を練習しますが、今年は例年より清和展の日取りが早まり、作品締切日が過ぎてしまっていたため、各自自由に課題を選びました。来年の毎日展出品作品や、11月に締切りが迫る漢字昇段試験の課題など、それぞれの課題に取り組みます。

初日は13時から19時まで、翌日は9時から11時半まで、皆さん集中して、熱心にお稽古に励んでいらっしゃいました。

2013練成会

午後から作品の批評会が行われる予定でしたが、あいにくの台風で電車が止まる恐れが出てきたため、昼食後解散となりました。

学生部~清和誌上書初め展~

平成26年誌上、学生部(幼年~高校)書初め展を開きます。
出品者全員の作品が機関誌「清和」に掲載され、優秀作品は表彰されます。
参加ご希望の方は、下記ご参照下さい。

掲載誌:平成26年2月号
作品の大きさ:半紙三枚版
締切:11月24日(日)
送付先:清和書道会「清和書初展係」
出品料:1000円
出品方法:清和誌上書初め展申込用紙に記入し、作品、出品料とともに提出して下さい。
(出品申し込みはなるべく支部単位で尾根が致します。作品と一緒に納付して下さい)

【課題】
幼年 「うめ」(名前を下に書く)
小1 「さくら」
小2 「はつゆき」
小3 「花だより」
小4 「春の七草」
小5 「今年の夢」
小6 「東雲春光」
中1 「白砂青松」(楷書)
中2・中3 「白砂青松」(行書)
高校 「初志貫徹」(行書)

レオナール・フジタ展

10月14日まで渋谷 Bunkamuraザ・ミュージアムで開催中のレオナール・フジタ(藤田嗣治 1886-1968)展に行ってきました。
http://www.bunkamura.co.jp/museum/exhibition/13_fujita.html

フジタ1

フジタの絵を初めて見たのは何年も前のフランスで、その時は彼のことをまだ知らず、なんだかわからないけどすごくいい!と思って感激したのを覚えています。名前を見て、作家が日本人だとその時初めて知りました。

ロンドンにいたころ、新人デザイナーの作る服やアクセサリーの展示会に行って心惹かれるものを手に取ると、デザイナーが日本人だったということが何度もありましたが、育った環境は違っても、同じ日本人としての感性が共鳴するのかな、と思って嬉しくなった記憶があります。

今回展覧会のメインになっていたのは、子どもを主題にした作品でしたが、フジタの絵で、私が特に好きなのは裸婦の油彩です。油彩なのに、繊細な線で裸婦の身体の線や柔らかい布の輪郭が描かれていて、「乳白色の肌」と表現される色彩は美しく、しっとりした雰囲気です。あの繊細な線はどのうように油彩で表現するのだろうとずっと不思議だったのですが、白絵具にベビーパウダー混ぜたものを下地に使用し、面相筆を使って墨で輪郭を描いていたということを知りました。

フジタ2

和と洋を融合させて、自らのオリジナリティー溢れる作風を開花させた作家は他にもたくさんいますが、今回の展覧会でも、そういった彼独自の絵の魅力を存分に感じることができました。

いずれ自分でも、墨を使って美しい独自の線を表現できたらと思いますが、取りあえずは目前に迫る11月の漢字部昇級試験に向けて日々修行中です。。。

東京ステーションギャラリー

東京駅で時間が空いたので、偶然目についたポスターにふらりと吸い寄せられ、東京ステーションギャラリーに入ってみました。

http://www.ejrcf.or.jp/gallery/

企画されていたのは、日本画家大野麥風(1888-1976)展で、主に彼が手がけた「大日本魚類画集」の魚の木版画が展示されていました。

チケットがお洒落です。

Bakufu

東京ステーションギャラリーに入ったのは初めてでしたが、内装にオリジナルの煉瓦壁がそのまま活かされていて、ゆったりと落ち着いて作品が鑑賞できる、とても心地よい空間でした。

入口でチケットを購入すると、まずエレベーターで3階に上がります。3階の展示室を鑑賞した後は階段で下り、2階の展示室を巡ります。博物館や美術館の展覧会に行くと疲れてしまうことが多いですが、このギャラリーの空間や動線は何となく余裕があって、散歩するような感覚で、とても落ち着くことができました。

bakufu2

わさわさと人の多い東京駅周辺ですが、思いがけず癒されて、すてきな時間を過ごすことができました。

小冊子「短冊にあそぶ」発行

高田先生は、清和の機関誌に短冊に関しての記事を連載されていましたが、このたびその内容をまとめた小冊子「短冊にあそぶ」が発行されました。

短冊の寸法や書き方などの基本的な内容から、発生の由来や歴史、料紙についてまで、大変幅広く、わかりやすくまとめられています。短冊を書く際のとてもよい参考になる冊子となっておりますので、ご興味のある方は本部までお問い合わせ下さい。

高田芳春(哲子)
清和書道会常任理事
1926年生れ
植村和堂、深山龍洞、井茂圭洞に師事
元大妻女子大学非常勤講師
元東洋大学非常勤講師

【「短冊にあそぶ」高田芳春著 価格:500円】

短冊にあそぶ

かな臨書勉強会が開催されました

9月1日(日)、荒川区生涯学習センターにて「かな臨書勉強会」が開催されました。
今回のテーマは「色紙の書き方」で、講師に清和書道会常任理事の高田芳春先生をお迎えしました。

まずは先生方の色紙作品をお手本に、高田先生から色紙とその書き方についての講義がありました。

かな臨書勉強会1

その後、大色紙と小色紙に、各自好みの和歌や俳句を書き、最後に全員の作品を並べ、先生からの講評を頂きました。清和書道会は特に仮名のレベルが高いことで定評がありますが、参加者23名の皆さんも、大変熱心に勉強されていました。

かな臨書勉強会2

今回開催されたような勉強会はどなたでも参加が可能ですので、ご興味のある方は本部までお問い合わせ下さい。

追記
高田先生は、短冊に関しての解説を清和の機関誌に連載されていましたが、このたびそれが「短冊に遊ぶ」というタイトルの小冊子になって発行されました(一冊500円)。大変分かりやすくまとめられており、短冊を書くときのとてもよい参考書になる冊子となっております。こちらもご興味のある方はぜひ本部までお問い合わせ下さい。

短冊にあそぶ

«  | ホーム |  »

プロフィール

清和書道会

Author:清和書道会
清和書道会は、書道の研究と普及を目的として、昭和24年に書家の植村和堂によって創設された書道会です。清和書道会HPはこちら

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

イベント (54)
お教室案内 (6)
書籍 (3)
展覧会 (49)
事務局だより (1)
作品掲載 (8)
昇段試験 (4)
管理人の日記 (124)
管理人プロフィール (1)
ご挨拶 (1)
未分類 (1)

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR