2018-06

冬季練成会と調和体シンポジウム

2月14日と15日の2日間にかけて、中央区産業会館(東日本橋)にて、冬季練成会が開催されました。
毎年夏と冬に開催される恒例のイベントですが、今回は毎日展出品作品の練習を主に行う方が多かったようです。

いつもは箱根や伊豆で宿泊施設に泊まり込みでの練成会でしたが、今年は都内ということもあり、日帰りの方や、初日もしくは2日目のみの参加の方もいらっしゃいました。フレキシブルなスケジュールは好評で、例年よりも多い約50名の参加がありました。

2015冬季練成会1

講師に斎藤美子顧問、楢原萌春副会長、佐藤芙蓉副会長の3名をお迎えしました。

2015冬季練成会2

基本的に参加者は3名の講師の方それぞれに、一日1回添削してもらうことができます。添削してもらった後は、先生方のアドバイスを元に作品制作を続けますが、助講師の方々3名が巡回してサポートして下さいます。

2015冬季練成会3

今年は初日の練習後、調和体に関するシンポジウムが開催されました。
清和は古典かなを得意としている書道会ですが、今後、その美しいかなを活かした独自の調和体にも作品の幅を広げられないだろうかと会長が提案したことからスタートした活動です。

調和体は、近代詩文や漢字かな交じり書などとも呼ばれていますが、戦後、金子鷗亭氏などを中心として提唱され、漢字とかなが交ざった「読める」書として発展してきました。

http://www.mainichishodo.org/gendai/kindai/

今回は数名の先生方にお声かけをし、トライアルとして作品を書いてきて頂きました。

2015冬季練成会4

2015冬季練成会5

2015冬季練成会6

2015冬季練成会7

2015冬季練成会8

2015冬季練成会9

まだスタディーを始めたばかりですが、古典かなの伝統を継承している先生方の作風を存分に活かした調和体作品を見ることができるのはとても楽しみです。

トラックバック

http://seiwashodo.blog.fc2.com/tb.php/156-3968c751
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

清和書道会

Author:清和書道会
清和書道会は、書道の研究と普及を目的として、昭和24年に書家の植村和堂によって創設された書道会です。清和書道会HPはこちら

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

イベント (57)
お教室案内 (6)
書籍 (3)
展覧会 (54)
事務局だより (7)
作品掲載 (9)
昇段試験 (4)
管理人の日記 (125)
管理人プロフィール (1)
ご挨拶 (1)
未分類 (2)

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR