FC2ブログ

2018-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国文房四宝の故郷を訪ねる旅~その④~

4日目は、歙県にて、中国三大硯の一つである歙硯の工房見学に伺いました。

中国旅行66

職人さんたちが、硯の石を加工しているところ。

中国旅行67

中国旅行68

こちらは墨の工房も兼ねていて、同じ敷地内で墨も作っていました。

煤と膠と香料を混ぜたものを練り合わせ、墨を作っていきます。
工程は日本の墨の作り方もほぼ同じでですが、日本ではひたすら手や足で練るのに対し、中国は練り合わせたものをハンマーで叩くのが特徴です。また、煤と膠の配合も中国と日本では異なるので、発色やにじみ、硬さ、粘りなどに違いが出てきます。水質の違い(中国は硬水、日本は軟水)などもあり、中国の墨は固いのが特徴で、保管に気をつけていないと湿気の多い日本では割れやすいという弱点もありますが、深味のある美しい色を出すことができます。

中国旅行69

練ったものを型にはめているところ。
中国旅行70

乾燥させているところ。
中国旅行71

出来上がった墨に彩色をしているところ。
中国旅行72

中国旅行73

午後は徽墨(安徽省産の墨。名墨として有名)の開発者である清時代の墨匠、胡開文の生地、績渓上荘村へ。
胡開文記念館を訪れました。

中国旅行74

中国旅行75

記念館の外にあった趣のあるベンチでは、地元の方たちがのんびり井戸端会議をしていました。
川が流れる、のどかな風景が美しい村です。

中国旅行76

中国旅行78

午後は同じ村の徽墨工房へ。
午前中に見学した工房よりも大分小さなローカル工房でしたが、こちらも職人さんたちが一から全部手作りしていました。家族経営されている工房で、ご両親と跡継ぎの息子さんが案内してくれました。(英語は全く通じなかったので、ガイドさんに通訳してくれました)。日本にも輸出しているという午前中の工房では松煙墨が一つ4000円くらいで販売されていましたが、こちらは同じサイズの桐箱入り松煙墨がたったの600円(!)で販売されていました。質にどの程度の差があるのかは使ってみないと分かりませんが、試しに両方購入してみたので、使ってみるのが楽しみです。

中国旅行77

見学後は、227キロの道のりをミニバスで約3時間半かけて杭州へ。
今までとはうってかわり、大都会に到着です。

中国旅行79

トラックバック

http://seiwashodo.blog.fc2.com/tb.php/209-fb68a627
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

清和書道会

Author:清和書道会
清和書道会は、書道の研究と普及を目的として、昭和24年に書家の植村和堂によって創設された書道会です。清和書道会HPはこちら

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

イベント (57)
お教室案内 (6)
書籍 (3)
展覧会 (54)
事務局だより (7)
作品掲載 (9)
昇段試験 (4)
管理人の日記 (125)
管理人プロフィール (1)
ご挨拶 (1)
未分類 (2)

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。