2018-06

近代詩文書と水墨画

当会でも近代詩文書(漢字とかなが混ざった現代の書)が新たに機関誌の競書に仲間入りしてから数か月が経ちました。
創玄書道会会長の石飛先生によるお手本が毎号掲載されています。

20160705近詩2

出品者の数も少しずつ増えているようで、今後どのように広がるか楽しみです。
20160705近詩1

私も苦心しつつ+楽しみつつ、自分なりにどのように作品に取り込めるか模索中です。
ちょうど蓮の絵を水墨画教室で教わったばかりだったので、蓮と、蓮の歌を書いた書とを合体させたものをいくつか書いてみました。

20160705近詩5

こちらはスズメと子規の句と。

20160705近詩9

こちらは今月の競書から。
さくら草かへり見すれば色さみし
20160705近詩11

仮名や漢字と異なってある程度自由に書くことができるのが楽しくもありますが、書として魅せられるようなものを作るのはやはり技術が必要です。加えて、どんな紙に書いて、どんな墨を使ったら美しい滲みや色が出せるか、どんな筆を使ったら面白い線が書けるか等など探求することは多く、まだまだ研究が必要ですが、仮名や漢字、水墨画と並行しながら、少しずつ世界を広げていきたいなと思っています。

書道と直接は関係ないのですが、こちらは最近描いた水墨画。

今年6月に国立新美術館で開催された、国際墨絵会の公募展に出品した作品です。
全紙サイズの和画仙。
20160705キツネ1

こちらは工筆画(細密画)の筆法を用いて、ドーサ引きの紙に描いています。
20160705キツネ2

今回は、確実に失敗する自信があったので (;^ω^) 画賛は入れませんでしたが、書道の腕が上がった暁には余白に画賛を加えたり、もしくは物語の一節を書いて絵画の横に並べたりしてみたいなと思いました。

そしてふと気が付けば今年も既に半分が過ぎてしまい(!)、時間が経つのがあまりに早く恐ろしい限りですが、これから師範試験、毎日書道展、清和書展と大きなイベントが続くのでしばらくあたふたしそうです…。

猛暑が来ると言われていますが、皆さんも体調崩されませんよう、楽しい夏をお過ごし下さい。

トラックバック

http://seiwashodo.blog.fc2.com/tb.php/224-1ee372eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

清和書道会

Author:清和書道会
清和書道会は、書道の研究と普及を目的として、昭和24年に書家の植村和堂によって創設された書道会です。清和書道会HPはこちら

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

イベント (57)
お教室案内 (6)
書籍 (3)
展覧会 (54)
事務局だより (7)
作品掲載 (9)
昇段試験 (4)
管理人の日記 (125)
管理人プロフィール (1)
ご挨拶 (1)
未分類 (2)

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR