fc2ブログ

2024-02

12月事務局だより

12月3日、町屋文化センターで漢字勉強会がありました。講師の先生は清和誌の漢字かな交じり文を審査して頂いている種家先生で、今回のテーマは木簡でした。事前に勉強する木簡が指定され、それを半切また半紙に拡大臨書したものを持参しました。
まず持参した作品を並べて先生に講評して頂き、それから添削して頂きました。
それから先生が実際に書いて説明して頂きました。木簡は2000年位前の日常市井の商人などが実用のために使っていたもので、技術的に高くはないけれども自然体でのびのびしたところを学び、俯仰をつけて筆の色々なところを使って書くのは、仮名の勉強にもなるのではないか、というお話がありました。

トラックバック

http://seiwashodo.blog.fc2.com/tb.php/386-a91fb6a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

清和書道会

Author:清和書道会
清和書道会は、書道の研究と普及を目的として、昭和24年に書家の植村和堂によって創設された書道会です。清和書道会HPはこちら

最新記事

カテゴリ

イベント (66)
お教室案内 (6)
書籍 (3)
展覧会 (99)
事務局だより (53)
作品掲載 (14)
昇段試験 (4)
管理人の日記 (133)
管理人プロフィール (1)
ご挨拶 (3)
未分類 (1)
エクスポート (2)

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム